失敗しないパートナー選びをしよう

 家造りを進めるにはまず、建物を建ててくれる業者を選ばなければなりません。家造りにおいてこの業者選びこそが最大のポイントと言えます。希望に沿った、または期待した以上の住まいができあがるかどうかは最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。
しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在します。この中から自分に合った一社を見つけ出すのは容易なことではないのです。では、どのようにすれば最適なパートナーを見つけ出すことができるのでしょうか。
そのポイントは、自分がハウスメーカー向きであるのか、工務店向きであるのかをしっかりと見極めておくことなのです。それにはそれぞれの特徴を把握しておく必要がありますし、家造りに対する考え方も整理しておく必要があります。例えば、住宅への希望が不明確であるうえに、住宅について自分でいろいろと考えるのは面倒という人、共働きで家造りにあまり時間をかけられないという人は、提案力のあるハウスメーカーが向いています。
このような考えの人が、工務店に家造りを依頼すると提案を待ち切れずに不満ばかりが募ってしまうかもしれません。
逆に、建築主として自分が何を求めているかを明確に伝えられる人、住宅への要望やこだわりをしっかりと持っている人、家造りのプロセスをひとつひとつ楽しみたいという人は、工務店が向いています。
一緒につくりあげていく気持ちで臨むことで、じっくりと腰をすえた分、こだわりが活かされた家造りを行うことができるのです。
まずは最高のパートナーを見つけ出すことを大切に考えましょう。

Tags: , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

設けてよかったファミリークローゼット

 我が家の新居には家族みんなの衣類を一か所で管理するファミリークローゼットを設けています。このファミリークローゼットが住まいの中で最も設けて良かったと実感できています。家事への不満を解消できたこと、そして家族それぞれが自分の衣類を自分で管理するようになっていること、身支度のしやすいことが魅力となっています。
私は今までたたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業が一番苦手でした。それは、タオル類、下着、子ども達の衣類、夫婦の衣類とそれぞれ別々のクローゼットで管理しており、しまうという作業を行うだけで住居内を行ったり来たりしなければならず無駄な動きが多かったのです。そのため家事効率が下がってしまうだけでなく、いつまでもたたんだ洗濯物がリビングの隅に置きっぱなしになっているということも多く生活感で溢れがちでした。ファミリークローゼットを設けたことで一か所でタオルや下着、衣類までまとめて管理しているので、無駄な動きなく「しまう」という作業を行えて、家事効率も高められています。
ファミリークローゼットは、洗面室の隣に設けているため、タオルの補充や入浴の事前準備も効率よく行えています。
また、洗面室では身支度を行うだけに、その隣に衣類まで取り揃えられていることでよりスムーズに身支度を行うことができるのです。生活する上で洗面室は使用頻度が高いです。その隣に衣類を管理していることで、自分の衣類は自分で管理する!ということも同時に身につけられています。
家族が多い家庭ほど衣類の管理は大変です。それだけに、一か所にまとめて衣類を管理することでママの家事への負担を軽減でき、衣類の管理のしやすさや着替えのスムーズさを実感できるのです。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

階段

 今までは階段が玄関周辺に設けられていました。子どもが小さい間はリビングに集まってきますが、成長するにつれて二階の自室で過ごす時間が長くなってしまいます。ここに階段を設置していると玄関から直接二階の自室へと行くことができるため、親はいつ子どもが帰宅したのかわからなかったり、気づいた時には外出していたということもあるのです。

最近では、リビング内に階段を設けるリビングイン階段が人気となっています。このリビングイン階段にすることで先ほどのような状況を防ぐことができます。二階へ上がる場合には、家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へと行くことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、顔を合わせることで会話も生まれやすくなります。会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができ、ちょっとした変化にも気づいてあげやすいのです。また、リビングイン階段は子どもの犯罪率を下げるとも言われています。

夜、親がいるリビングを堂々と通って外出はしにくいものですし、家族のコミュニケーションの良好さが高められることがその要因なのかもしれません。しかし、リビングイン階段にすることで二階に音やニオイが伝わりやすいというデメリットがあります。また、冷暖房効率を下げるからリビングイン階段をやめた!という友人もいました。リビングイン階段でも上り口に引き戸を設けておくことで、リビングイン階段のメリットをしっかりと得られつつ、冷暖房効率を高められ、そして音やニオイも伝わりにくくなります。

二階建てや三階建てには欠かせない階段をどこに設置するかしっかりと計画しておきましょう。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

犬と共に暮らす家

 ペットを飼っている家庭は多いです。私の周りには室内で小型犬を飼っている友人が多いです。ペットと言えども家族の一員のように大事にされています。そこで人と犬も互いにストレスを感じず、快適に暮らせる住まいにしておきましょう。

家の中で犬を飼う場合、人と犬が互いに窮屈さを感じることのないようにしておかなければなりません。人だけでなく犬も自由にのびのびと動きまわれるようにしておきます。壁や柱の少ないオープンな空間をつくることで、犬も動きやすいのです。室内建具にはペット専用ドアが設けられていると部屋から部屋への移動も楽に行えます。

そして、リビングの一角にペットの居場所となるペットコーナーを設けておけば、来客時や食事の時には犬に寂しい思いをさせることなく手軽に仕切ることができます。

犬と共に暮らす場合に欠かせないのが、汚れはもちろん、臭いやノミを防ぐためのシャンプーです。人間にとってはチカラ仕事であるため、身体に大きな負担となってしまいます。そこでこのシャンプーを少しでも快適に行えるようにしておきます。小型犬であればペット対応の洗面化粧台を設置しておきます。シンクには専用のマットを敷き、犬の足が滑りにくいようにしておきます。腰をかがめずにラクな姿勢でシャンプーを行えるのです。洗面室の壁には耐水性のある水廻りパネルを採用しておけば、洗面室のお手入れもサッと行えます。大型犬であればペット対応ユニットバスにします。頑丈な強化風呂フタに犬を乗せると、ちょうど洗いやすい高さになるのです。

片手で操作できるシャワーを取り入れれば、人も犬も快適にシャンプーを行えます。気になるニオイ対策もしっかりと行い、人も犬も快適な住まいとなるようにしておきましょう。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

建具の種類

 室内に設置される建具は、室内の雰囲気に合ったデザイン性の高いものが求められます。インテリアの一部としても注目されるだけに、オシャレで空間との調和に配慮されたものを設けておきたいものです。

また、使い勝手の良さを考慮して、場所に適した開閉方法や機能にも注目しておきたいものです。建具の開閉方法で分けると、開き戸・引き戸・折れ戸の3つに分けられます。一般的には開き戸が主流ですが、最近では引き戸のデザインも豊富となっているので多く取り入れられるようになっています。

開き戸は、ドアの開閉部分のスペースが必要となるため、使い勝手に合わせて内開きや外開きどちらにするか選び、左右どちらを吊元とするかを考えなければなりません。出入りの動線をさまたげることなくしておきましょう。開き方によって、照明スイッチがドアで隠れて使いにくいということのないように、また設置している家具にぶつかってしまうということのないようにしっかりと計画しておきたいものです。

次に和室で取り入れられることの多い引き戸です。デザインの豊富となったことで、和洋問わず多く取り入れられています。引き戸は戸を横にスライドすることによって開閉するので、開き戸のように前後に開閉スペースがとられません。部屋が広々と使用できますし、建具を開け放して通風を確保しやすいのです。部屋を連続させて使用したり、建具で仕切って個室として利用したりと空間に変化を持たせられるのも引き戸の魅力と言えます。

最後に、蝶番などで連結させた扉を折りたたんで開閉する折れ戸です。開き戸よりも開閉スペースが少なくて済むため、洗面室などの水廻りや、狭い空間に面した収納扉などに用いられることが多いです。

床材や壁面との調和にも配慮しておしゃれで、使い勝手のいい建具を設置しておきましょう。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

失敗しないパートナー選び

 大きな金額の買い物となる住宅は、後悔や失敗はできれば避けておきたいものです。家造りを成功させるために重要なことは、自分に合った最高のパートナーを見つけ出すことなのです。

家造りを進めるにあたり、まずこの業者選びから始まります。このパートナー選びこそが家造りの最大のポイントと考えておきましょう。希望に合った、または希望した以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在します。自分に合った最高のパートナーを見つけ出すということは容易なことではないのです。

そこでまず、ハウスメーカー向きであるのか、工務店向きであるのかを見極めることがポイントなのです。それには、家造りに対する考え方をまとめておくといいでしょう。住宅への希望が不明確であるうえ、住宅についていろいろと考えるのは面倒という人、共働きで家造りにあまり時間をかけられない人は、提案力のあるハウスメーカーが向いているでしょう。このようなタイプの人が工務店に家造りを依頼すると、提案を待ち切れずに不満ばかりが募ってしまうかもしれないのです。

逆に、建築主として自分が住宅に何を求めているかを明確に伝えられる人、住宅へのこだわりや要望をしっかりと持っている人、家造りのプロセスをひとつひとつ楽しみたいという人は、工務店が向いているでしょう。一緒につくりあげていく気持ちで家造りに臨むことで、こだわりや活かされた家造りを行うことができるのです。

まずは、最高のパートナーを見つけ出したいものですね。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

寝室に書斎スペース

 我が家の寝室は広さに余裕があったため、寝室の一角を利用して主人が希望した書斎スペースを設けました。書斎スペースには一段高さを設け小上がりスタイルにしました。主人の希望で書斎スペースには畳を敷き詰めました。そして、寝室との境には程よい高さの腰壁を設けました。寝室との繋がりを感じながらも、しっかりと書斎スペースに独立性をもたらしてくれるのです。

子ども達がまだ小さいため寝室で家族みんなで寝ているのですが、主人は自分の時間に集中することができながらも、子どもの気配を感じられるためどこか安心感があると言います。寝室との境に設けた腰壁を利用して本棚を設けました。趣味のマンガや仕事の書類などをしっかりと整理することができています。そして、書斎スペースでは持ち帰った仕事をすることもあるため作業カウンターもスペースに合わせて造り付けました。仕事に集中したり、趣味の時間を満喫する最高のスペースとなっています。

主人のために設けたスペースですが、子ども達を寝かせつけると私もここでお肌のナイトケアを行ったり、ネットショッピングを楽しんだりしてます。夫婦で晩酌することもあります。子どもが生まれ、そして子どもが増えるにつれて、自分の時間や夫婦の時間というのは少なくなってしまいがちです。しかし、我が家は寝室に書斎スペースを設けたことで、夫婦の時間も個人の時間も大切にすることができています。晩酌することも多いため書斎スペースには小さな冷蔵庫を設けました。電化製品を使用することを考慮してコンセントをしっかりと設けておいたのでとても便利です。

個室の書斎スペースではなく、スペースに余裕がある一角を利用して書斎スペースを設けるのもいいのではないでしょうか。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

注文住宅の家造り

 家の構造や間取り、内装、外観、外溝など全て施工主が決めて建てる注文住宅で新居を完成させました。

1から全てのことに関わる必要があるため、家が完成するまでに多少の時間がかかってしまいます。我が家が注文住宅を選んだのはもちろん自由度の高さです。まずは素材における自由度です。建売住宅の場合、使用される建材は決まっていますし、どしても建材のグレードは標準的なものとなります。

悪くはないのですが、耐震強度を高めたい!断熱性能の高い住まいにしたい!と考えていた我が家は、素材のグレードを高めなければなりませんでした。注文住宅であるからこそ素材における自由度もあるのです。もちろんデザイン性にもこだわることができます。建売住宅の場合、量産することでコストを抑えるという目的があります。その結果、同じハウスメーカーのものは似たようなデザインになってしまいがちなのです。

しかし、注文住宅なら、内装や間取りはもちろん、外壁材においても自分好みに仕上げられるため、近隣の住宅と似たデザインになってしまうというような状況も避けられるのです。何よりも、基礎工事から家造りに立ち会うことができます。どのような工事が行われているのか、依頼した建材がきちんと使われているのか、最後までしっかりと確認することができます。

気になる点や疑問点があれば、その都度業者の人に確認することができます。業者側も我々に見られているという意識があることで、手を抜くことなく工事を行ってくれます。

一生に一度の大きな買い物となる住宅だけに、自分らしく、後悔や失敗の少ない家造りを行いましょう。

Tags: , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

大事なパートナー選び

 家造りを進めるにはまず、依頼する業者を一社見つけ出さなければいけません。

そして、このパートナー選びこそが家造りの最大のポイントとも言えるのです。希望に合った、または期待した以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

しかし、家造りを行う業者は数多く存在するだけに、自分達に合った最適なパートナーを見つけ出すことは容易なことではありません。

そこで、まずは自分がハウスメーカー向きであるのか、工務店向きであるのかを見極めてみてはいかがでしょうか。そこでポイントとなるのが家造りに対する考え方を整理しておくことです。住宅への希望が不明確であるうえ、自分で住宅についていろいろ考えるのは面倒という人、共働きで家造りにあまり時間を充てられないという人は、提案力のあるハウスメーカーが向いていると思います。

このような考え方の人が、工務店に家造りを依頼すると提案を待ち切れずに不満ばかりが津の合ってしまうかもしれません。逆に、建築主として自分が住宅に何を求めているかを明確に伝えられる人、住宅への要望やこだわりをしっかりと持っている人、家造りのプロセスを一つ一つ楽しみたいという人は、工務店が向いていると思います。一緒に作り上げていく気持ちで臨むことで、完成した時の達成感や充実感も高く、こだわりが活かされた住まいを手に入れられるはずです。

まずは自分に合った最高のパートナーを見つけ出しましょう。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments

快適なバスタイムにしよう

浴室はゆっくりとバスタブに浸かる場所だけではありません。暑い夏場や、ゆっくりと入浴する時間がないとき、朝起きたときなどに気軽に気分と身体をリフレッシュするのに最適なのがシャワーです。

最近のシャワーは、水流の強さや出方を工夫したさまざまなタイプのものがあります。快適な入浴ライフを送るにはシャワーを上手に活用させましょう。

我が家に取り入れたシャワーは、シャワーの中に水に空気を混ぜることで、気泡を包み込んだ大きな水滴にし浴び心地を高めたタイプのものです。

気泡が入ることで節水にも繋がります。さらに、切り替えボタン一つで細かい霧状のシャワーが身体全体を包めるものや、強力水流でマッサージ感が楽しめます。シャワーだけで十分快適なバスタイムを過ごすことができているのです。

しかし、寒い冬場はシャワーだけでは身体が温まらないという問題がありました。最近は色々なお湯の出方を1つでできるシャワーがあります。頭上からのオーバーヘッドシャワーで全身に浴び、横からのボディーシャワーで身体を、そしてフットシャワーで冷えやすい足先を温めます。このようなシャワーでバスタブに入浴するように全身を温めることができるのです。

また、ミストサウナを取り入れることでよりバスタイムを楽しめるのではないでしょうか。ミストサウナは、40度前後の霧状の水が身体を包み込む機能です。汗をかきにくい温度なのでゆっくりと肌や髪のお手入れをするのに適しています。

細かいミスト水の粒子が肌や髪に浸透し、うるおいがアップするだけでなく、皮膚の汚れや皮脂を洗い流すことでお肌がすべすべになるのです。

くつろげて、美容効果もアップする浴室にして快適なバスタイムを過ごしましょう。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Comments