洗面台 使い勝手を良くする

物が増えすぎて困るときは、物を厳選するのが一番です。同じ種類をいくつも持たないこと、一つのアイテムを使いまわすことなど、効果的な工夫があります。例えばキッチンでは、料理を主にする人は1人の事が多いので、その人の使いやすい道具を必要な数だけそろえれば一定量を保てます。

 しかし洗面所の場合は、家族全員が使います。そして1人1人が好きなものやこだわりがある物など、お気に入りのものがあります。洗顔はこれでないと肌が荒れるとか、髭剃りに使う石鹸はこれでないとうまくいかないとか、子供でも好きな味の歯磨きはこれなど、それぞれのこだわりの品があるのです。しかも好みは変わる事もあります。それらを全部揃えていたら、ストックも含めて物が氾濫するのは目に見えています。

 だからといって、石鹸はどれも同じといって一つに絞ったら、家族から不平不満が出て、皆が幸せに平和に暮らせません。

 同じ種類のアイテムはまとめて収納するのが原則ですが、そうすると好みのものがあちこちに散らばります。娘さんの洗顔フォームを間違ってお父さんが髭剃りに使ったら、1週間口をきいてもらえない、などという事も起きかねません。

 そこで、物を種類でなく使う人で物を分類し、1人に1つの棚などを割り当て、その範囲なら、何でも好きなものを置き、自分で管理するようにしたらどうでしょうか。約束は一つ、その場所からはみ出さないことです。自分で管理することで、使い終わるまで新しい物は開けないとか、何となく買ってしまったという事がおきなくなり、自分で物を管理する習慣が身に付くのではないでしょうか。

Tags: ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top