家事室

家事を集中して行うことができる家事室を取り入れた間取りが人気を高めています。家事は365日休みがなく、高齢になった時でも続けなければならないものだけに、少しでも家事をラクに、体に負担をかけずに行えるようにしっかりと環境を整えておきたいものです。

そこで家事室が注目されているのです。まず、この家事室が設けられる場所は、家事の中心であるキッチンとそのキッチンを家事を行う上で何度も行き来をする洗面室を繋ぐ形で配置します。これなら家事を行う上で無駄な動きをせずに済み、家事の効率を高められるのです。

この家事室では、洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという一連の作業を同じ場所で行えるようにしておきます。これらの作業を一か所で行うことができることで家事を効率良く行うことができ、また体への負担もかからないのです。天井には室内物干しを設けておきます。洗濯は毎日行います。雨の日や雪の日もあれば花粉が気になる時期、夜洗濯を行うときもあります。洗濯物の干し場に困らずに済むのです。衣類がしっかりと乾くように衣類乾燥機を設置しておいたり、湿気対策として窓や換気扇を設けておくのもいいでしょう。乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけに便利な作業カウンターを設けておきます。電化製品を使用することならカウンター周りにはコンセントをしっかりと設けておき、アイロンや洗濯関連用品をきちんと整理できるように収納スペースも確保しておきたいものです。

そして、壁一面を利用してファミリークローゼットを設けておきます。床から天井いっぱいに広がるクローゼットは収納力に優れており、入浴の事前準備も楽に行えます。

家事室を設けて、家事の時短を実現し、家族との時間や自分の時間を大切にしておきたいものですね。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top