注文住宅の家造り

 家の構造や間取り、内装、外観、外溝など全て施工主が決めて建てる注文住宅で新居を完成させました。

1から全てのことに関わる必要があるため、家が完成するまでに多少の時間がかかってしまいます。我が家が注文住宅を選んだのはもちろん自由度の高さです。まずは素材における自由度です。建売住宅の場合、使用される建材は決まっていますし、どしても建材のグレードは標準的なものとなります。

悪くはないのですが、耐震強度を高めたい!断熱性能の高い住まいにしたい!と考えていた我が家は、素材のグレードを高めなければなりませんでした。注文住宅であるからこそ素材における自由度もあるのです。もちろんデザイン性にもこだわることができます。建売住宅の場合、量産することでコストを抑えるという目的があります。その結果、同じハウスメーカーのものは似たようなデザインになってしまいがちなのです。

しかし、注文住宅なら、内装や間取りはもちろん、外壁材においても自分好みに仕上げられるため、近隣の住宅と似たデザインになってしまうというような状況も避けられるのです。何よりも、基礎工事から家造りに立ち会うことができます。どのような工事が行われているのか、依頼した建材がきちんと使われているのか、最後までしっかりと確認することができます。

気になる点や疑問点があれば、その都度業者の人に確認することができます。業者側も我々に見られているという意識があることで、手を抜くことなく工事を行ってくれます。

一生に一度の大きな買い物となる住宅だけに、自分らしく、後悔や失敗の少ない家造りを行いましょう。

Tags: , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top