寝室に書斎スペース

 我が家の寝室は広さに余裕があったため、寝室の一角を利用して主人が希望した書斎スペースを設けました。書斎スペースには一段高さを設け小上がりスタイルにしました。主人の希望で書斎スペースには畳を敷き詰めました。そして、寝室との境には程よい高さの腰壁を設けました。寝室との繋がりを感じながらも、しっかりと書斎スペースに独立性をもたらしてくれるのです。

子ども達がまだ小さいため寝室で家族みんなで寝ているのですが、主人は自分の時間に集中することができながらも、子どもの気配を感じられるためどこか安心感があると言います。寝室との境に設けた腰壁を利用して本棚を設けました。趣味のマンガや仕事の書類などをしっかりと整理することができています。そして、書斎スペースでは持ち帰った仕事をすることもあるため作業カウンターもスペースに合わせて造り付けました。仕事に集中したり、趣味の時間を満喫する最高のスペースとなっています。

主人のために設けたスペースですが、子ども達を寝かせつけると私もここでお肌のナイトケアを行ったり、ネットショッピングを楽しんだりしてます。夫婦で晩酌することもあります。子どもが生まれ、そして子どもが増えるにつれて、自分の時間や夫婦の時間というのは少なくなってしまいがちです。しかし、我が家は寝室に書斎スペースを設けたことで、夫婦の時間も個人の時間も大切にすることができています。晩酌することも多いため書斎スペースには小さな冷蔵庫を設けました。電化製品を使用することを考慮してコンセントをしっかりと設けておいたのでとても便利です。

個室の書斎スペースではなく、スペースに余裕がある一角を利用して書斎スペースを設けるのもいいのではないでしょうか。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top