犬と共に暮らす家

 ペットを飼っている家庭は多いです。私の周りには室内で小型犬を飼っている友人が多いです。ペットと言えども家族の一員のように大事にされています。そこで人と犬も互いにストレスを感じず、快適に暮らせる住まいにしておきましょう。

家の中で犬を飼う場合、人と犬が互いに窮屈さを感じることのないようにしておかなければなりません。人だけでなく犬も自由にのびのびと動きまわれるようにしておきます。壁や柱の少ないオープンな空間をつくることで、犬も動きやすいのです。室内建具にはペット専用ドアが設けられていると部屋から部屋への移動も楽に行えます。

そして、リビングの一角にペットの居場所となるペットコーナーを設けておけば、来客時や食事の時には犬に寂しい思いをさせることなく手軽に仕切ることができます。

犬と共に暮らす場合に欠かせないのが、汚れはもちろん、臭いやノミを防ぐためのシャンプーです。人間にとってはチカラ仕事であるため、身体に大きな負担となってしまいます。そこでこのシャンプーを少しでも快適に行えるようにしておきます。小型犬であればペット対応の洗面化粧台を設置しておきます。シンクには専用のマットを敷き、犬の足が滑りにくいようにしておきます。腰をかがめずにラクな姿勢でシャンプーを行えるのです。洗面室の壁には耐水性のある水廻りパネルを採用しておけば、洗面室のお手入れもサッと行えます。大型犬であればペット対応ユニットバスにします。頑丈な強化風呂フタに犬を乗せると、ちょうど洗いやすい高さになるのです。

片手で操作できるシャワーを取り入れれば、人も犬も快適にシャンプーを行えます。気になるニオイ対策もしっかりと行い、人も犬も快適な住まいとなるようにしておきましょう。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top