階段

 今までは階段が玄関周辺に設けられていました。子どもが小さい間はリビングに集まってきますが、成長するにつれて二階の自室で過ごす時間が長くなってしまいます。ここに階段を設置していると玄関から直接二階の自室へと行くことができるため、親はいつ子どもが帰宅したのかわからなかったり、気づいた時には外出していたということもあるのです。

最近では、リビング内に階段を設けるリビングイン階段が人気となっています。このリビングイン階段にすることで先ほどのような状況を防ぐことができます。二階へ上がる場合には、家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へと行くことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、顔を合わせることで会話も生まれやすくなります。会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができ、ちょっとした変化にも気づいてあげやすいのです。また、リビングイン階段は子どもの犯罪率を下げるとも言われています。

夜、親がいるリビングを堂々と通って外出はしにくいものですし、家族のコミュニケーションの良好さが高められることがその要因なのかもしれません。しかし、リビングイン階段にすることで二階に音やニオイが伝わりやすいというデメリットがあります。また、冷暖房効率を下げるからリビングイン階段をやめた!という友人もいました。リビングイン階段でも上り口に引き戸を設けておくことで、リビングイン階段のメリットをしっかりと得られつつ、冷暖房効率を高められ、そして音やニオイも伝わりにくくなります。

二階建てや三階建てには欠かせない階段をどこに設置するかしっかりと計画しておきましょう。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top