設けてよかったファミリークローゼット

 我が家の新居には家族みんなの衣類を一か所で管理するファミリークローゼットを設けています。このファミリークローゼットが住まいの中で最も設けて良かったと実感できています。家事への不満を解消できたこと、そして家族それぞれが自分の衣類を自分で管理するようになっていること、身支度のしやすいことが魅力となっています。
私は今までたたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業が一番苦手でした。それは、タオル類、下着、子ども達の衣類、夫婦の衣類とそれぞれ別々のクローゼットで管理しており、しまうという作業を行うだけで住居内を行ったり来たりしなければならず無駄な動きが多かったのです。そのため家事効率が下がってしまうだけでなく、いつまでもたたんだ洗濯物がリビングの隅に置きっぱなしになっているということも多く生活感で溢れがちでした。ファミリークローゼットを設けたことで一か所でタオルや下着、衣類までまとめて管理しているので、無駄な動きなく「しまう」という作業を行えて、家事効率も高められています。
ファミリークローゼットは、洗面室の隣に設けているため、タオルの補充や入浴の事前準備も効率よく行えています。
また、洗面室では身支度を行うだけに、その隣に衣類まで取り揃えられていることでよりスムーズに身支度を行うことができるのです。生活する上で洗面室は使用頻度が高いです。その隣に衣類を管理していることで、自分の衣類は自分で管理する!ということも同時に身につけられています。
家族が多い家庭ほど衣類の管理は大変です。それだけに、一か所にまとめて衣類を管理することでママの家事への負担を軽減でき、衣類の管理のしやすさや着替えのスムーズさを実感できるのです。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top