犬と共に暮らす家

 ペットを飼っている家庭は多く、特に私の周りには小型犬を室内で飼っている友人がたくさんいます。ペットと言えども家族の大事な一員であり、家造りにおいてもそれはしっかりと反映されているのです。
まず大切なことは、人と犬がお互いに窮屈さを感じることのないような空間設計にしておくことです。人だけでなく犬も自由に室内を動き回れるように壁や柱の少ないオープンな空間をつくります。そして、家族団らんの場であるリビングの一角には、ペットの居場所となるペットコーナーを設けておきます。来客時や食事の時でも犬に寂しい思いをさせることなく手軽に仕切ることができるのです。犬と共に暮らす場合に欠かせないのが、汚れはもちろんのことニオイやノミを防ぐためのシャンプーです。チカラ仕事でもあるだけに身体に大きな負担となってしまいます。そこでこのシャンプーを少しでもラクに、快適に行えるようにしておくのです。
小型犬の場合、ペット対応洗面化粧台を設置します。シンクには専用のマットを敷き犬の足が滑りにくくなり、腰をかがめずにラクな姿勢でシャンプーを行うことができるのです。
さらに洗面室の壁には耐水性のある水廻りパネルを設けておけばサッと水拭きできてお手入れがラクに行えます。大型犬の場合、ペット対応ユニットバスにします。頑丈な強化風呂フタに犬を乗せると、ちょうど洗いやすい高さになり身体に負担がかかりにくくなります。片手で操作できるシャワーを取り入れれば、人も犬も快適です。そして、しっかりとニオイ対策をしておきます。ペットを赤外線センサーが感知して自動で強弱運転する、ペットのトイレ臭対策を行っておいたり、気になるニオイも短時間で除去できるパワー脱臭機能の付いた換気扇を設置しておいたりと対策をとっておきましょう。
人もペットも共に快適に暮らせる住まいがますます求められそうですね。

Tags: , , , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top