動線に配慮して間取りを決めよう

間取りを決める際にはしっかりと動線に沿ってそれぞれの空間を配置するといいのです。この動線には生活動線と家事動線があり、どちらにも配慮して間取りを決めましょう。この間取りによってその後の暮らしやすさが大きく変わってくるのです。我が家も夢のマイホームがついに完成しました。この住宅にも動線をしっかりと考えました。

専業主婦である私が特に重視したのは家事動線です。家事の中心はキッチンです。このキッチンからの動線を考えることで家事の効率が高まり、家事の時短が実現できるのです。家事動線で特に重要なのが、キッチンと洗面室の動線と、洗面室から洗濯物干し場までの動線です。炊事、洗濯は毎日行う家事であるだけにこれらの動線にしっかり配慮しましょう。

我が家はキッチンと洗面室を隣り合わせに配置しました。キッチンから洗面室まで2,3歩で行き来ができるので動線が短く、行き来もしやすいです。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことは多いです。それだけにキッチンと洗面室を隣り合わせにすることで家事の効率も高まります。

そして洗面室から洗濯物干し場への動線は意外と見落としがちです。一階で洗濯をして二階で洗濯物を干す家庭も多いです。洗濯機を設置しているフロアと同フロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。洗面室に勝手口を設け、その先に洗濯物を干せるようにしておくことが一番動線が短くスムーズに洗濯物を干せます。このように動線に配慮することで家事がしやすくなり効率も高まるので主婦の皆さんは家事動線の配慮して間取りを決めましょう。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top