夏涼しく冬暖かい家

家造りをする人のほとんどが住宅に求めることが、夏は涼しく冬は暖かい家であることです。我が家もこれを第一に考えました。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送ることで経済的に優しいだけでなく、地球環境にも優しい家を実現できるのです。この夏は涼しく冬は暖かい家を実現するために大事なことは住宅自体の断熱性を高めればいいのだと思っていました。

使用する断熱材や断熱工法ばかりを最初は気にしていたのですが、それと同じくらい大事なことは熱の出入り口となる窓の断熱性です。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、そして窓は58%です。夏の冷房時に熱が入ってくる割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%です。これらの数字を見ても窓への対策が必要なことは言うまでもありません。

そこで我が家が取り入れたのが、遮熱高断熱Low-E複層ガラスです。二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたこの窓ガラスは、赤外線や紫外線をしっかりとカットしてくれるのです。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高めてくれ、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくしてくれます。暖房効果の向上に役立つのです。

冷暖房効率を高められるので光熱費を大幅に節約できることができますし、エコなクラスを実現できるのです。またしみやそばかす、カーテンや家具の色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットしてくれるため、そこで暮らす人の健康を守り、物の劣化までも抑えてくれるのです。住宅の快適性は窓の存在にかかっていると言っても過言ではないのかもしれません。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top