意外と重要な空間

家造りをする際に多くの人が重視する空間は一階のLDKだと思います。もちろんLDKは家族が長時間共に過ごす場所であるだけに重要です。しかしそのLDKと引けを取らないほど重要な空間があるのです。それは洗面室です。最近では洗面室の重要性を考慮し、今までより広さに余裕を持たせる傾向にあります。

洗面室は手洗いや歯磨き、ヘアセットや髭剃り、お化粧など身支度を行いますし、入浴の前後や家事を行う場所でもあるのです。家族が一日何度も利用する空間なだけに、より使いやすい空間にしておくことで住宅の満足度にも繋がるのです。洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし1坪以上の洗面室が多くなっています。広さがあることで家族がより身支度を行いやすくなります。

また入浴の前後では着替えを行うだけに動作がしやすい広さも求められます。そして洗面室を多目的に使用することから収納しておきたい物も多くなってきます。必要な物がきちんと収納しておける収納スペースも設けておきたいものです。また広さに余裕があれば大きさのある洗面台を設置することができます。家族が同時に2人並んで身支度を行える洗面台であれば朝の時間帯にも余裕が生まれることでしょう。

これらのことを考えるとLDKと同じくらい洗面室が重要であることは言うまでもないのです。広さや選択する洗面台、収納スペース、作業スペースなどあらゆる角度から洗面室を考え、家族みんなが使いやすい空間にしましょう。この洗面室をどこに設けるかも重要ですのでしっかり間取りを考えることも忘れてはいけません。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.

Back to Top